前へ
次へ

不貞行為が原因の離婚裁判

婚姻関係を継続している中で不貞行為があった場合、話し合いで解決をさせることもできるかもしれませんが、どうしても我慢をすることができない、許すことができないということであれば、精神的にもよくないので離婚を選択する、という夫婦も多いです。離婚裁判を行って離婚の成立を考えているのであれば不貞行為の証拠は確実に抑えておくとよいでしょう。相手も弁護士を付けた場合には、証拠がないと嘘を繰り返します。証拠がなければ気のせいにされたり、考え過ぎということにされることもあるので、証拠は出来るだけ多くつかんでおくことが必要です。言い逃れをすることができないようにしておく、ということも大切になってきます。不貞行為が理由となっている離婚裁判を行う場合、慰謝料も請求をすることができるんで、その金額もキチンと考えておく必要があります。金額の設定の際には相場もチェックしておくと決めやすくなってくるでしょう。高額すぎるのもよくありません。

Page Top